曹洞宗のお寺 花岩山 永昌寺

お知らせ

お知らせ

永昌寺からのお知らせや
イベントの情報をお届けします。

永昌寺の托鉢と正法寺の托鉢

 

 

年が明け、寒波が押し寄せる睦月となりました。

各地域で、僧侶による寒行托鉢が始まっております。

ここ永昌寺は、托鉢修行はおこなっておりませんが、

通年で町内を走り回るのが私の修行です。

最近では雪の積もる山の中、雪道の町内を走ります。

その途中で、地域の皆さんに声をかけたりかけられたりというのが、町内トレイルランの醍醐味です。

浄財は頂きませんが、お米屋や野菜、最近は焼き芋もいただき、ついには寒いので小屋でお茶までいただきます。

対して、お役をいただいている正法寺では、恒例の寒行托鉢を1月5日より2月3日までの平日におこないます。

時折私も修行僧と歩きますが、こちらはれっきとした托鉢ですので、行脚姿で鈴を鳴らし、准提光明陀羅尼を唱えながら歩きます。

更木の焼き芋も、水沢の浄財も同じ供養の気持ちをちょうだいするもの。

焼きあがった焼き芋も、ぎゅっと握りしめられていた硬貨も、どちらも私の心を温めてくれます。

どんど焼きを開催しました!

 

1月16日、どんど焼きを開催しました。

日曜日ということもあってか、例年より沢山の皆様がお出でになり、

はじめに地域の安寧とご来山の皆様の心願成就を祈り、

さらには、新型コロナウイスルの早期収束を祈願して、

どんど焼きを点火しました。

おしるこや甘酒のお振舞はできませんでしたが、

お飾りやお札を焚き上げた火を囲んで多くの方とお話できたことを嬉しく思います。

重ね重ね、皆様の無病息災をお祈り申し上げます。合掌

 

寺子屋番外編 第2回フォルダスキー教室開催

 

 

1月10日、今シーズン2回目となるフォルダスキー教室がおこなわれました。

寺子屋番外編として携わるこのスキー教室は、

スキーを通して大自然の素晴らしさを体感するものです。

スキーの上達もさることながら自然の美しさや怖さを体験することに重点をおきます。

雪国に生まれ、地元の雪資産である夏油高原スキー場を会場に、

自然と戯れるスノースポーツの素晴らしさを伝えます。

毎月2回の開催ですが、参加する子供たちは全員がスキーが上達して、

雪を大好きになってくれます。

 

 

フォルダこどもスキー教室に関して

開催日 1/23 2/13 2/27 3/6

NPO法人 フォルダ

0197-0197-64-5500

 

1月16日 どんど焼きを開催します。

 

1月16日に、永昌寺駐車場において「どんど焼き」をおこないます。

9:00から12:00までの間、火を焚いて正月飾りや古いお守りなどを供養します。

ご自宅にある飾りやお守り、古いお札など、

燃やせるものでお焚き上げしてもらいたいものがありましたらお持ちください。

お時間が合わない場合は、事前にご持参いただいても構いません。

お預かりして当日焚き上げます。

ご不明な点は、永昌寺までご連絡ください。

注意:お飾りの金属部分、ビニール部分などの燃やせない部品は、取り外してからお持ちください。

 

謹賀新年

 

新年あけましておめでとうございます。

本年が皆様にとって幸多き年でありますように。

そして、コロナウィルスも収束して、世の中に安寧が広がりますように。

 

 

 

 

昨夜の除夜の鐘には、多くのご参拝をいただきました。

新年を迎え、元朝祈祷にはじまり、お正月の三箇日は、

世の中の安寧を祈り、祈祷をおこないます。

 

皆様にとって素敵な一年でありますようにお祈り申し上げます。

合掌

寺子屋冬修行を開催しました。

 

 

12月25日、冬の寺子屋「冬修行」を開催しました。

冬休み初日ということもあり、およそ30名の子供たちと保護者の方が参加されました。

まずはじめに、「坐禅」体験。

初めての子も、手慣れた子も一緒に20分の静かな時間を過ごします。

それぞれが静かに坐るけど、みんなが一緒に座っているから、素敵な時間になっていきます。

 

 

 

その後は、今回初の「サンドブラスト」体験です。

コップにお釈迦様の絵を木工用ボンドで描きます。

なかなか難しい作業なので、お母さんに手伝ってもらいながら、

何度もやり直ししながらの筆とボンドとの格闘。

やっと出来上がったら、乾かして、サンドブラストをしてもらい、

いよいよ完成です。

おやつタイムの自分用コップの出来上がりです!

 

本年最後の坐禅会でした。

 

12月23日、本年最後の永昌寺坐禅会でした。

今年一年を清々しく終えられるよう、みなさんで静かに坐りました。

道元禅師曰く

「仏道をならふというは、自己をならふなり。

自己をならふというは、自己をわするるなり。

自己をわするるというふは、萬法に証せらるるなり。

萬法に証せらるるといふは、

自己の身心および他己の身心をして脱落させむるなり。」

とお示しです。

身と心を脱落する。

しかも、自分だけでなく、他の人たちも一緒に。

難しいけど、坐ってみるとわかります。

 

本年も、沢山の方に坐禅会にお越しいただきました。

ありがとうございます。

来年も、お待ちしております。

次回は、令和4年1月19日 午後5時30分よりおこないます。

合掌

寺子屋 冬修行を開催します!

 

 

12月25日(土)に永昌寺 寺子屋冬修行を開催いたします。

本年も時間を縮小しての開催となりますが、新企画として「写仏 サンドブラストコップ作成」を体験します。

はじめに「坐禅」で心を調えて、住職のお話を聞いていただき、

その後、ガラスコップに小筆で仏像を描き、「サンドブラスト」で仏像を浮き上がらせます。

冬休みの工作にぴったりの「サンドブラスト」を体験してみませんか?

 

詳細PDFはこちら

↓↓↓↓

terakoya_2021_winter

永昌寺成道会を厳修しました。

 

12月1日から8日の未明まで、お釈迦様はずっと坐禅をして過ごされたことにより悟りを開かれました。

このご遺徳に感謝し、永昌寺では、ちょうど1カ月早い11月8日に成道会を厳修しました。

2年ぶりの檀家さんのご参列をいただき、僧侶は住職と東堂のみで法要をおこないました。

入り口での検温、消毒の徹底と、本堂内でのウィルス除去装置のおかげで安心して法要を執り行うことができました。

この日は、お天気にも恵まれ、40名ほどの檀家さんにお出でいただき、

法要後も私自身が法話をしての1時間ほどの縮小した法要といたしました。

 

 

お釈迦様がお悟りを開かれたときに仰った言葉、

「我大地有情同時成道」

私たちは、すべてと繋がって生きているよ!

自分一人でも、人間だけでもなく、あらゆるものと繋がりを感じて生きていくんだよ!

というお話しをさせていただきましたが、こんなコロナ禍だからこそ大切な気持ちだと思います。

このような状況の中で、法要ができたことと、沢山の方にご参列いただきたことに感謝申し上げます。

 

水沢ユナイテッドプリンセスFC、坐禅をして、いざ東北大会へ!

 

今年は、暖かな秋となり、スポーツを楽しむ季節が続いております。

そんな中、奥州市を拠点として活動するサッカークラブチーム、

水沢ユナイテッドプリンセスの皆さんが坐禅を体験しに永昌寺に来られました。

今月開催される女子U-18東北大会での活躍を祈念して、選手と保護者の皆さんが坐られました。

身を調え、呼吸を調え、心を調えて、是非、全国への切符を手にしてほしいです。

 

 

心が乱れたら、ひといきの呼吸!

試合のときに是非!

1 2 3 4 5 6 10
ページトップへ戻る