曹洞宗のお寺 花岩山 永昌寺

永昌寺のご案内

永昌寺本堂

花岩山永昌寺は、元和五年(1619年)に瑞興寺十二世陽山天朔和尚が開山した曹洞宗のお寺です。
北上川の雄大な流れと奥羽山脈を一望できる自然に囲まれた
長い歴史あるお寺です。

永昌寺境内

お寺のあらまし

開山は、1619年。およそ400年の歴史があり、春には桜、初夏には紫陽花、夏には桂が境内を彩ります。ご本尊は、釋迦牟尼佛。高祖道元禅師、太祖瑩山禅師を称える曹洞宗のお寺です。
今では珍しく、本堂脇に秋葉三尺坊威徳大権現をお祀りする神仏一体のお寺でもあり、供養だけでなく、五穀豊穣、火盗消除、必勝祈願などの祈祷も執り行います。

曹洞宗について

永昌寺は、坐禅を根本とする曹洞宗のお寺です。
ご本尊をお釈迦様とし、高祖道元禅師、太祖瑩山禅師を両祖と崇めております。

曹洞宗について詳しくはこちら

永昌寺境内の巨木境内には枝垂桂や桧の巨木が佇み、歴史の長さを感じさせます。
永昌寺の花々広い境内には季節の花々が咲き乱れております。
永昌寺のイベント風景定期的にイベントが開催され、大人も子供も集まるお寺です。

永昌寺の寺宝・みどころ

永昌寺の寺宝/大観音永昌寺大観音:大観音は町内を一望し町の安寧と町民の幸福をお祈りしております。
永昌寺の寺宝/三十三観音像三十三観音像:陸中八十八観音の六十番目となる永昌寺三十三観音です。
永昌寺の寺宝/聖観音像(高村光雲作)聖観音像(高村光雲作):高村光雲作といわれ、秘蔵しております。
永昌寺の寺宝/秋葉神輿神輿堂(秋葉神輿):秋葉三尺坊の御神輿が祀られております。
涅槃図涅槃図:天保七年に描かれた涅槃図を毎年2月よりお彼岸まで展示致します。お釈迦様が亡くなられる時の様子が描かれた大涅槃図です。
秋葉堂秋葉堂:秋葉三尺坊大権現が祀られ、町内の火災消除、五穀豊穣、無事安穏を祈願致します。
山門山門:シダレカツラと六地蔵、お稲荷さんに見守られ建つ山門は、石階段を通り、まっすぐ本堂につながっています。
本堂本堂:ご葬儀や先祖供養をする場所でもありますが、法話や坐禅、イベントもおこないます。
観音堂観音堂:三十三観音が祀られております。
庫裡庫裡:法事会場や会議会場、寺子屋会場としても使用致します。

住職のご紹介

住職のご紹介

海野 義範(うんの ぎはん)
S63年、盛岡第一高等学校理数科卒業
H4年、日本体育大学体育学部体育学科卒業
大学卒業後、スキーウェアブランドに勤めた後、旅行会社(トップトラベルサービス)と契約しプロスキーヤーとなり、スキー選手、スキー部コーチとしての活動と並行して、スポーツイベントのプロデュース、専門誌への執筆などをしておりました。
東京都代表として全日本スキー技術選手権に16回出場し、全日本スキー連盟デモンストレーターに認定。
38歳のときに大本山總持寺にて修行し、永昌寺副住職となっても、岩手県代表として全日本に7回出場しながら、仏教、布教を学び、令和元年に住職となりました。
人が集まるお寺をめざし、寺子屋活動、坐禅会などを開催中です。
現在は、曹洞宗特派布教師、正法寺布教師として全国各地で布教巡業しております。
2020年いわてユネスコ賞受賞(寺子屋活動)

ページトップへ戻る