曹洞宗のお寺 花岩山 永昌寺

住職のブログ

春の寺子屋「寺子屋探検隊」を開催致します!

来る3月27日(土)、永昌寺寺子屋「寺子屋探検隊」を開催致します!

更木大竹地区公民館を出発して、まずは大竹廃寺を目指す山登り、

そこからは、古道「あづま海道」を歩きながら山の中を探検!!

ひと山超えて、臥牛地区の臥牛寺を目指します。

所要時間は1時間30分ほどですが、

途中で簡単コースと冒険コースに分かれますので、年齢や体力に合わせて散策していきます^_^

未就学の小さな子は、途中リタイヤしても大丈夫なように、リタイヤバージョンも準備しております。

北上市内でも一番の過疎地は、コロナ禍では一番の遊び場!

どなたでもご参加いただけますので、是非一度お気軽にご連絡ください。

詳細は、添付PDFをご覧ください。

↓↓↓↓↓

terakoya_spring

永昌寺 寺子屋の会

0197-66-4240

寺子屋番外編 フォルダこどもスキー教室、大回転に挑戦!

 

 

2月28日(日)、夏油高原スキー場にてフォルダこどもスキー教室が開催されました。

今シーズンからスキーを始めた子供たちもみるみる上達して、今日は全員がポール(大回転)を体験しました。

最初は、おっかなびっくりの子供たちでしたが、

フォルダサポートアスリートの葛巻福春選手(全国中学生スキー大会5位)のお手本とアドバイスで、気分はアルペンレーサーに!

 

 

この日は、夏油高原らしくない快晴の天気、ポールのみならずゴンドラを使っていっぱい滑ることができました。

中級班の子もパラレルターンになってきましたし、上級班の子は、あともう少しで1級合格です。

次回は、夏油高原カップに参戦の子も!

緊張してタイムアタックもよし。

いつものように楽しく滑るもよし。

楽しくチャレンジをモットーに、飛んだり跳ねたりしながら雪山を楽しみます。

 

月例坐禅会開催

 

2月25日(木)、永昌寺本堂において月例坐禅会が開催されました。

ベテランの方から、ご家族での参加と気軽にご参加いただいております。

そんな皆さんで、しっかり40分(一炷:いっちゅう)を坐りました。

最近思うことは、皆さんの坐相がだんだん良くなってきたことです。

驚きなのは、未就学児の子もキョロキョロしながらも、お母さんの横で静かに坐ります。

私にとってもありがたい時間でした。

 

 

そして今回は、坐禅のあとに「涅槃図」を皆さんで鑑賞していただきました。

永昌寺に残る仏具で最古となるのでしょうか?

天保七年作の涅槃図を私の解説で鑑賞しました。

これは、昨年、偶然にも倉庫から発見されたもの!

2500年前のお話を200年の時を超えて見入る!そんな時間でした。

 

 

次回の月例坐禅会は、3月25日 午後5時30分より開催致します。

初めての方もお気軽にご参加ください。

電話  0197-66-4240

メール eishouji.jp@gmail.com

更木小学校、授業でインラインスケート!

  

 

地元である更木小学校で第二回目のインラインスケートの授業がおこなわれました。

第二回目となる2月8日は、4年生~6年生がパイロンスラロームに挑戦しました。

小さなパイロンを盾に並べて、ジグザグに滑りぬける競技。

最初は、四苦八苦していた子供たちも、最後にはスイスイ滑りぬけられるように上達しました。

手軽にできるインラインスケートですが、様々な競技があり奥の深いニュースポーツでもあります。

滑る、曲がるというテクニックは、スキーにつながる所が多く、雪国のスキー教室に役立つツールにのかもしれません。

次回第三回目は、5~6年生がインラインホッケーに挑戦します。

今回の授業の様子が、岩手日報、岩手日日新聞に紹介されました ^^)

EPSON MFP image

EPSON MFP image

涅槃図を展示しました。

 

2月1日より、本堂右奥に涅槃図を設置いたしました。

2月いっぱい展示する予定です。

当寺には、涅槃図は無いと思われておりましたが、

昨年4月の晋山結制法要が、コロナのために延期となったことで、

ガラクタ整理をしておりましたら、なにやら大きな掛け軸が見つかり、

広げてみると、驚くことに涅槃図でした。

縦1.8M、横2Mの大きな掛け軸は、さらに驚くことに天保7年に描かれたもの!

およそ200年の時を経て、令和に再展示です。

しかも、猫も描かれておりました。

これが「人間万事塞翁が馬」なのでしょうか。

どなた様でもご覧いただけますが、寺内に私が寺族が在山のとき限定でご案内いたします。

留守の時は、ご容赦ください。

 

  

猛吹雪のなかで、、、、、

 

 

1月31日、大寒波猛吹雪のなか、今シーズン3回目となるフォルダスキー教室が開催されました。

いつもの子も、初めて参加の子も、ユキニモマケズ、いっぱい楽しみました。

とくに、今シーズンから始めたスケーティング大会は、コーチと競争するので本気モード全開です。

コーチには、元日本代表ワールドカップ出場のうちの寺族もおりまして、夫婦ともども子供たちと楽しんでおります。

この日は、今季最大の寒波ではありましたが、子供たちは、めげることなく滑りました。

この大自然の厳しさと雪の美しさを体感できたことは、とてもすばらしいことです。

 

フォルダスキー教室は、3月までまだまだ続きます!

今年は雪が豊富なので、めいっぱい楽しめそうです。

 

更木小学校でインラインスケート授業!!

 

 

1月27日、地元の更木小学校でインラインスケートの授業をおこないました。

1、2、3年生が2校時目。4年生が3校時目。5、6年生が5校時目に、

東北初ではないかと思われる、授業としてのインラインスケートをおこないました。

コロナ禍で運動不足が懸念される子供たち。

さらには、これまたコロナの影響で楽しみだったスキー教室が中止となり、

代替えとしての授業にもなりました。

ほとんどの児童が、初めてインラインを体験します。

体育館で転がる新たな感覚は、不安と興味のいりまじるスタートでしたが、

子供は、風の子元気な子。

転びながらも滑る楽しさを満喫しておりました。

好評につき、4年生から6年生は、2月にも授業をおこないます。

さて、どこまで上達するものか今から楽しみです。

これも新たな寺子屋イベントということになりそうです。

 

  

寺子屋番外編 フォルダスキー教室 笑顔いっぱい開催中!

 

今シーズン全7回開催予定のフォルダスキー教室!

私的には、永昌寺寺子屋の番外編的存在です。

このスキー教室のコーチは、私と元ワールドカップレーサーであり元ナショナルデモンストレーターでもある妻。

そして、私のスキーの弟子が担当しております。

言い換えますと、お寺の住職と寺族と弟子がコーチ。

やはり寺子屋です。

そんな、フォルダスキー教室もコロナに負けず、対策をとって開催しております。

例年以上のご参加をいただき、子供たちは笑顔いっぱいに滑っております!

フォルダスキー教室の特徴は、

1、「ぐるぐるどっか~ん」で準備体操!

2、スケーティング大会がある!

3、とにかくトレインで滑る!

雪国に生まれ育つ子供たち、やっぱり雪遊びや冬のスポーツに親しんでいただきたいものです。

 

 

 

永昌寺どんと焼き!!

 

 

時は前後しますが、さる1月16日に永昌寺駐車場において、「どんと焼き」を執り行いました。

お正月の注連縄やお飾り、古いお札などを焚き上げます。

その煙を体に浴びることで、無病息災を願い、今年はコロナウィルスの除災を祈ります。

寺子屋と同時に開始した「どんと焼き」ですが、最近では町の多くの方が訪れてくれるようになりました。

当日はあいにくの雨でしたが、読経後点火のあと、徐々に天候が回復し、

まるで、除災の煙が天に届いたかのようの思えました。

コロナウィルスの早期収束、町の安寧をお祈り致しました。

そうしましたら、頭上を五羽の白鳥たちが通過していきました。

願いを届けてくれるのでしょうか(^^♪

 

永昌寺坐禅会を開催しました。

 

本日は、永昌寺月例坐禅会でした。

今年最初の坐禅会には、初めての方も6名参加され、なんと3歳児、1年生も参加され、

初心者からベテランまで11名の方が一緒に静かな時間を過ごしました。

「坐禅は習禅にあらず。」とは、道元禅師のお言葉です。

習い事であれば上達することが大切ですが、習い事でない坐禅は、

初めての方でもベテランでも、大人でも3歳児でも同じ坐禅であるということです。

様々な目的をもってご参加される坐禅会ですが、どなたも一緒に坐るから良いのです。

というのが、永昌寺坐禅会です。

静かな時間を体験しに、どうぞお気軽にご参加ください。

次回は、2月25日 17:30よりおこないます。

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
ページトップへ戻る